鎌倉の家
※画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます。

鎌倉極楽寺の家
成45センチの桧の梁現しの勾配天井の家

構造材は土台にヒバを、大引・柱・一部梁に桧を、梁・桁は米松の乾燥材を、野地板は杉材を垂木や根太材全てに針葉樹を使用しています。
外壁通気工法、棟換気、セルロース断熱材を使用しています。

鎌倉の谷戸に位置し,南がひらけた素晴らしい立地です。冬の陽射しが入り,庭の樹木が見渡せるように窓配置を考えました。
南面庇は80センチ強確保し、同寸の濡れ縁を設けました。西側は遮熱を考慮し土庇を設けました。
風の流れを重視しました。美しさと心地よさに気を配り、自然体で暮らせる家造りを心がけました。
ゆったりとした空間の鎌倉の家をご覧下さい。

鎌倉の家
<リビング>
居間兼客間、食堂、キッチンを一部屋に配しました。
隠れたポイントはお月様です。
竹を余り目立たない様に数箇所に使用しました。

梁成45センチの桧梁です。
太く見える柱は7寸桧柱です。
その他は4寸桧柱です。

床材:信州唐松床暖房対応フローリング(リボス自然塗料)
壁材:京壁(天然の土、珪藻土素材)
階段室脇は引掻き、衝撃に強いRサンド壁を採用。一部越前和紙クロス使用。
天井材:杉無垢羽目板

階段下はパソコン台兼奥様の机です。
材は桧耳付板です。
縁無半畳畳を配し、中央に堀り炬燵を入れてあります。
冬はこたつ(断熱材入り6面ヒーター)、夏は座卓として使用します。
鎌倉の家 鎌倉の家 鎌倉の家
<キッチン/居間から>
床材:信州唐松床暖房用フローリング
シンク前 一部天然スレート石材をモチーフにした 磁器質
300mm角タイルを使用
壁材:コンロ前壁 同上
天井材:小屋裏床材赤松現し
<リビング>
小屋裏から見下ろしました。
障子を空間に合わせデザインしました。
<リビング>
リビングの南面障子を開けた状態です。
障子は引き分け、引込としガラス面全てが開け放てるようにしました。
鎌倉の家 鎌倉の家 鎌倉の家
<リビング/寝室から>
花明かり窓の三日月のシルエット、如何でしょう。
掛障子をしつらえています。
<作業指示図1>
花明かり窓
<板戸中桟>
板戸中桟にお月様の彫り込み
奥様がお月様に思い入れがおありのようでしたので、舞良戸の横桟を少なくし、中桟を入れた部分に三ケ月を彫り込みました。
材は天竜杉です。
鎌倉の家 鎌倉の家 鎌倉の家
<キッチン>
全て造作です。
将来を考え高さを調整出来るようにしてあります。
ワゴン、引き出し共細かい工夫を施しています。

シンク:オリジナル(シゲル工業製)
コンロ:スタイリッシュブリンク+do
<作業指示図2>
キッチンフレーム背面
<作業指示図3>
ガスコンロ脇収納
鎌倉の家 鎌倉の家 鎌倉の家
<洗面室>
洗面造作です。
水のかかる部分に形状特殊タイル使用しています。
奥様のご希望でBOX型の収納を壁付けとしました。

床材:床暖房対応コルクタイル
壁材:越前和紙(山崎和紙製)
天井材:織物壁紙(旭興製)
床暖房入り
<浴室>
造作浴室です 床材:伊豆石
壁材:桧無垢材(枠材ヒバ)
床暖房入り
<トイレ>
こだわりのトイレです

床材:竹フローリング・茶(横山竹材店)
壁材:腰壁 蒲心半割(同上) 腰上 能登仁行紙・杉皮紙
天井材:焼竹網代(横山竹材店)
手洗いカウンター:秋田杉
手洗い器:染付け洗面器
タオル掛:造作